女性のための滋養強壮剤|体を健康に導く強壮剤

体の悲鳴に気づこう

体の悲鳴に気づこう

体の悲鳴に気づこう

体は調子が悪くなると様々な悲鳴を上げます。「だるい」「食欲が出ない」「ふらふらする」「どこかが痛む」「動悸がする」お腹の部分だったら、「吐き気」「むかつき」などです。

 

体からの悲鳴を聞くと、私たちは何かの病気の前兆かもと考えます。

 

ところで、体の悲鳴の一つにかゆいというものがあるのを知っていますか?「かゆい」敗退と違って、さしあたって命にかかわる問題ではないように思います、まして、性器周辺のかゆみとなれば、なおさら医者にかかるのも恥ずかしいと考えてしまいます。体に重大な危険があるわけではありませんが、いつも不愉快であることには変わりありません。

 

また、かゆいと同時に、織物が多い、色がヘンなどあるとさらに心配です。

 

見える場所だと、かゆいところがどうなっているのか判断がつくのですが、性器周辺だと鏡を使わないと見えないので不安を抱える人も多いものです。

 

性器がかゆくなったり、織物が増えたりする原因はいろいろあります。雑菌や、感じたというカビ、トリコモナスと言うアメーバなどによる膣炎、アトピーや湿疹、かぶれや膣の洗い過ぎなど様々な原因が考えられます。

 

膣炎と言うと不潔にしていることが原因と考える人がいますが、感じたなどの膣炎は、抗生剤を飲んだ時や体の抵抗力が弱っている時などにかかりやすいので、洗えば予防できるというわけではりません。

 

むしろ最近では、清潔志向が過剰になってきているためか、正常な織物を気持ち悪がったり、においを嫌って洗いすぎたためにかえって膣炎にかかってしまう人がいます。実は織物には外界からの菌の侵入を防ぐ役割があるのです。

 

細菌類の中には、おいしい漬物を作ってくれるような役に立つ菌もあります。実は膣の織物の中にも、役立つ細菌がいます。これが膣内で酸を作って、皮膚や肛門の名割にいる雑菌の繁殖を防いでくれています。

 

ですから膣の中を洗いすぎたり、織物シートで織物をすべて吸い取ってしまうと、乾燥してかゆくなったり、帰って膣炎にかかりやすくなったりもします。外性器が織物で湿っているのは、体にとって大切なことなのです。

 

かゆみなどの心配を解決するには、その原因を検査しなければなりません。でも、「こんなことで産婦人科を受診するの恥ずかしい」「大げさだと言われないか」と考えてしまう人もいるでしょう。

 

今ではネットが普及したおかげで、情報が多くなりました。インターネットにはいろいろなことが載っています。しかし、かゆいという些細な、でも不安な心配事があるときには、どこに行けばいいのかがきちんとわかる情報が無いのが現状です。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ